末っ子の気ままにのんびり

気ままにのんびり、みなさんに役立つ情報を書いていきたいと思います。

【スポンサーリンク】

【100均ダイソー】温野菜もできる!炊飯器でご飯と一緒におかゆが作れるカップがとても便利!

【スポンサーリンク】

離乳食が始まったばかりの赤ちゃんには、おかゆを作って食べさせますよね。

 

おかゆって、意外と鍋で作ると時間がかかってキッチンから離れられません。赤ちゃんはぐずるし、できれば早く簡単に作りたい!と私は思っていました。

 

そんなおかゆを炊飯器で簡単に作れる超便利なアイテムを100均でみつけました!

 

実は今回の商品は、おかゆが作れるだけではありません。おかずが一緒に作れてしまうのです!

 

本当にびっくりしました。100円なのに。友人から教えてもらってすぐに買いに行ったのですが、早く使いたくて使いたくて(笑)

 

今から紹介しますが、本当にすごいんですよ。細かいところまで考えて作られているというのがわかりますし、100円ではもったいないくらいのクオリティーです。(早く紹介してよって感じですね)

ではでは、紹介していきます。

1.炊飯器でごはんと一緒におかゆが作れる!おかゆカップの特徴

プラスチック製のおかゆカップはとても軽いです!うっかり落としても割れることがないので安心です。

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/b/bloggk/20181017/20181017224835.jpg

 

開封してみてみましょう。見た感じとてもシンプルなセットです。おかゆカップと蓋、スプーンの3つが入っていました。

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/b/bloggk/20181017/20181017224815.jpg

 

まずはカップから見てみます。上手く写真で取れなかったのですが5倍がゆ・7倍がゆ・10倍がゆと書いてあり、メモリが付いていました。

カップの底には凹凸があって、できたおかゆをすりつぶせるようになっています。

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/b/bloggk/20181017/20181017224821.jpg

 

次に蓋をみてみます。この蓋はただの蓋ではなく、よくみると凹凸が付いています。実はこの上に野菜をのせておかゆと一緒に炊くことができるんです!

そしてできた野菜をこの蓋の上にのせたまますり潰すことができてしまうという画期的な商品なんです。

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/b/bloggk/20181017/20181017224828.jpg

そういえば、カップと蓋の横に取っ手みたいなのがありますよね。

 

ただの取っ手だと思っていたのですがよく見てみるとなんとこれ!

スプーンに引っ掛けられてしまうんです。いつ使うんだよって思いますよね。

これを使う時はご飯が炊けたときです。アツアツの器を手で取り出すのは大変なので、付属のスプーンでひっかけて取り出すんです。こんな使い方を思いついた人は本当にすごいです。

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/b/bloggk/20181017/20181017224945.jpg

 

それでは道具の使い方がわかったので、実際に作ってみることにしましょう!

2.実際におかゆとおかずを作ってみよう!

まず付属のスプーンを使ってお米を入れていきます。今回はスプーンすりきり3杯入れてみました。

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/b/bloggk/20181017/20181017224938.jpg

 

次にお米を洗って、スプーン3杯分のお水(7倍がゆの目盛りの3まで)を入れます。そして野菜を切って黄色い蓋の上にのせてます。今回は、まだ最初ということもあり、どのくらい野菜が柔らかくなるのかわからないので、大根とにんじんを5mm程度のいちょう切りにしてみました。

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/b/bloggk/20181017/20181017224932.jpg

 

準備が出来たら蓋をカップの上に乗せて炊飯器の中央に置き、いつも通り炊飯のスイッチを押して炊きます。今回は、夕飯のご飯も一緒に炊きます。

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/b/bloggk/20181017/20181017225116.jpg

 

じゃーん!炊きあがりました!野菜は大根が透き通っていて、いい感じに柔らかくなっていそうですね。ご飯はまだ隠れていてみえませんが。

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/b/bloggk/20181017/20181017225107.jpg

 

蓋を開けてみました。おかゆもいつも作っている7倍がゆに仕上がっています。いい感じ!

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/b/bloggk/20181017/20181017225056.jpg

 

果たして野菜は柔らかくなっているのかどうか。付属のスプーンで潰してみましたが、全然力をいれなくてもすぐに潰すことができました。スプーンの裏にも凹凸があるので滑ることなくしっかり食材を潰せました。

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/b/bloggk/20181017/20181017225043.jpg

3.使ってみてどうだった?

おかゆは、前からもっていたガラス製のカップと同じように作ることができました。

今回は付属のスプーン3杯分の量のおかゆを作ってみましたが、8か月の赤ちゃんが2食食べて少し残る程度の十分な量のおかゆを作ることが出来ました。

 

また、おかゆカップの外側がシボ加工といってご飯が付きにくい工夫がされているため、カップを洗うのがとても楽でした!

さらに、ご飯が炊けた後に器を取り出す際、付属のスプーンに引っかけて取り出しましたが、しっかりとフックにカップを引っかけることが出来て、途中で落としてしまうこともなくとても使いやすかったです。

 

一番の衝撃は蓋の上に野菜を乗せて温野菜を作れることですよね!

離乳食の野菜のメニューを1品足したいなと思った時に、簡単におかゆと一緒に作れるのでとても便利だと思いました。

 

たくさんの量の野菜を蒸すとなると、蓋の深さが浅めなので少し難しいかもしれませんが、少しおかずを足したい時はおすすめです。

 

また、野菜を切るコツとしては、あまり大きく切りすぎないことだと思います。

理由は、大きく切ったとしても柔らかくはなると思いますが、薄く切っておいた方がより簡単に潰すことができると思ったからです。

4.まとめ

今回、100均ダイソーのおかゆカップを実際に使ってみましたが、とても使いやすいのでおすすめです!

多機能でおかゆだけでなく野菜の1品も作れるので、新たに鍋で野菜を茹でる手間も省けますし、栄養が逃げてしまうこともありませんよね。

 

もしかすると、いろいろと工夫したらアレンジの幅も広がるのかもしれません。(カップに野菜と洋風だしを入れたらスープができたりするのかな?)色々と考えてみると楽しそうですね!離乳食以外でも使えそうな気がします。

皆さんも興味がある方はぜひ試してみてください。

 他にもいろいろな記事を書いているので、ぜひご覧ください。

www.suekkokimamanaasan.xyz

 

最後まで見ていただき、ありがとうございました!よろしければ、読者登録もお願いします。